家族の「好き」をとことん追求!
こだわりも暮らしやすさも叶えたアメリカンハウス

見学&体感すればわかる 3つのポイント

01

フラットに繋がる開放感たっぷりのLDK&ウッドデッキ

室内に入って真っ先に感じるのは、リビングの開放感!フルオープンサッシを開ければ、さらに視界が広がって、リビングにいながらまるで屋外にいるかのような清々しい気分が味わえます。
リビングとフラットに繋がるウッドデッキはセカンドリビングとしても大活躍。晴れた日はピクニックやBBQ、夜は星空を眺めながらティータイムなど、アウトドアもくつろぎ時間も楽しめる家族みんなのお気に入りスペースです。

02

アメリカンハウスに溶け込むスタイリッシュな和室

「アメリカンハウス」と「和室」という異色の組み合わせもポイント。畳の色やサッシのデザインを工夫することで、世界観をこわさず、洋風デザインに溶け込む和室を実現しました。
収納スペースの下には、堀こたつのような空間を設けています。お子さまが絵本を読んだり、机を使ってオモチャで遊んだり、足が疲れずに和室での時間を過ごせる嬉しいアイディア。眠くなったらそのまま畳にゴロンっと寝転がってもOK♪「どう使おう?」と考えられる、大人の遊び心もくすぐられる空間です。

03

家事や子育てを楽にする収納アイディア

それぞれの収納スペースは予め「何をどれくらい入れるか」を考えて設計しています。大人も子供も「決まった場所に収納する」が徹底でき、荷物の整理整頓も楽ちんに。
今回のお家では、玄関にシューズクロークとアウターなど衣類をかけられる収納スペースを設置。朝の忙しい時間でも1階2階を行き来することなく、サクッと準備が済むようにしています。さらに、階段下のデッドスペースは掃除用具などの収納空間に。生活感が出やすいものを収納し、家族が過ごすLDKからは見えないよう設計しました。

CONCEPTコンセプト

0からつくる注文住宅の楽しさ

01

大手ハウスメーカーでは叶わない「やりたい!」を追求した家づくり

施主様は大手ハウスメーカーも検討したようですが、デザインや間取りに制限があり「理想を叶えるのは難しそうと思った」とのこと。
「こんな家にしたい!」と希望がある人こそ、ゴーイングホームにご相談ください。大手ハウスメーカーでは難しい「やりたい!」を一緒に追求し、理想の住まいを実現します。

02

自分好みに作り上げたアメリカンスタイル

「世田谷ベースが憧れ」という旦那様の言葉をもとに、何度も打ち合わせを重ねながら仕上げた今回のアメリカンハウス。少々くすみ感のあるスカイブルーが、人とは違う個性を感じさせます。
ラップサイディングの外壁、深い軒のあるウッドデッキなど「俺の理想のアメリカン!」を追求したデザインになりました。

03

家族にぴったりの造作家具でもっと快適に

ゴーイングホームでは、お客さまの希望やライフスタイルをお聞きし、デザインはもちろん使いやすさも考えた造作家具を設ます。サイズやデザインなど、細部までこだわりを詰め込めるだけでなく、家を建てた後に既製品を買いそろえるよりコスト面でも節約できるとあって、嬉しいこと尽くし!

完成見学会
世田谷ベースのように!大人の好きを詰め込んだアメリカンハウス