家族構成
3人
総仕上がり
-
間取り
-
工法
HAC工法
坪数
敷地面積169.94㎡(約51.4坪)
特徴
-

平屋ベースだから暮らしやすい!
現代家族にぴったりな家

見学&体感すればわかる 3つのポイント

01

「ちょうどいい!」
平屋と2階建ての間の家

1階にLDK・水回り・主寝室を置き、2階は2つの子ども部屋とフリースペース。平屋のようにワンフロアで生活できる間取りにしました。
必要な部屋だけ2階に設けているので「ちょうどいいサイズ」と人気です。

さらに、勾配天井を活かして、リビングは開放的な吹き抜け空間に。心地よさと暮らしやすさを両立しています。

02

ランドリールームは寝室とつなげて、より便利に

広めのランドリールームは、施主様の要望を叶えたもの。
洗濯→干す→アイロン掛け→畳む→収納を一部屋で完結でき、家事もぐっと時短できます。

ランドリールームと主寝室がつながった動線もポイント。1階2階を行き来することなく、洗濯物をスムーズに収納できます。

03

「ごはんだよー」
家族の声が届く、フリースペース

吹き抜けに面したフリースペースは、平屋のような2階建てならではの設計。
お子様が小さいうちは、遊び場やスタディスペースにするのもオススメです。リビングにいても、フリースペースにいるお子様の姿を見守れます。
1階・2階と離れていても家族の声が聞こえて、存在を感じることができる…家族が程よい距離感で過ごせます。

CONCEPTコンセプト

家族の健康と住まいの健康を守る
昭栄創建の家づくり

01

HAC工法で、コストを抑えつつ快適な住まいに

通常、昭栄創建ではPAC(パッシブエアサイクル)工法を採用していますが、今回はHAC(ハイブリッドエアサイクル)工法で家づくりをしています。
HAC工法は、PAC工法で使うダンパー部材を使用しないのが特徴。PAC工法よりもコストを抑えた家づくりが可能になります。
コストは抑えつつも、昭栄創建の「きれいな空気が流れる家」は叶えられる工法です。

02

木の魅力を体感できる、無垢材を使った家づくり

昭栄創建は木の特性を活かした家づくりを得意としています。無垢材のフローリングや表し梁など、木の魅力を楽しめる空間をつくります。
無垢材は調湿作用があり、夏はサラッと、冬は暖かい肌触りを楽しめます。裸足で過ごしたくなる気持ちの良いフローリングなら、昭栄創建にお任せください。

03

外張り断熱で、魔法瓶のように温度差の少ない家を実現

外張り断熱とは、断熱材で家全体を覆う工法のこと。柱や梁で断熱材が途切れることがないので、高気密・高断熱な住まいになります。
魔法瓶のように家全体を断熱するので、部屋同士の温度差も少ないのも大きなメリット。吹き抜けのような開放的な空間でも、快適に過ごせます。

完成見学会
平屋と2階建ての良いところ取りな家