家族構成
4人家族
総仕上がり
-
間取り
-
工法
PAC工法
坪数
150.98㎡(45.58坪)
特徴
-

断熱性能にこだわるから出来る、開放的な空間設計

見学&体感すればわかる 3つのポイント

01

吹き抜けリビングで、開放感を楽しむ

18.5帖のリビングは吹き抜けにして、より広く感じられるように設計。上を見上げると、ゆるりと伸びる縦の空間を感じ、開放的なリビングを楽しめます。
「ずっとリビングにいたくなる」そんな心地よいスペースを実現しました。木の魅力を感じられるデザインも注目です。

02

スキップフロア空間が、生活をより便利にする

吹き抜け上部の空間を利用して、スキップフロアスペースをつくりました。お子様を遊ばせるキッズスペースやセカンドリビングなど様々な使い方ができます。
空間を余すことなく使えるのは、断熱性が高い外張り断熱だから出来ること。部屋の温度差が少ないので、このような空間を設置しやすくなります。

03

無垢材&漆喰で、ペットがいても安心

昭栄創建の住まいは、漆喰や無垢材といった自然素材をふんだんに使います。こちらのお家も、壁は漆喰で、柱やフローリングは無垢材を使用。自然素材ならではのナチュラルで心地よい空間を満喫できます。
また、漆喰は消臭効果が高く、生活臭やペットの匂い対策を抑えます。施主様は犬1匹・猫17匹と、ペットを多く飼っていますが、匂いを感じない快適空間をキープ!

CONCEPTコンセプト

夏と冬で空気を入れ替えるPAC住宅

01

空気が循環する家とは?

昭栄創建の家づくりは「PAC(パッシブエアサイクル)工法」を採用しています。
PAC工法の一番の特徴は、夏と冬で空気の流れを変えること。床下と屋根の換気口をつくり、夏は換気口を開けて熱を放出。反対に、冬は換気口を閉めて熱を逃さないようにします。
この空気の流れを壁の中でつくりだし、温度と湿度をコントロールします。

機械に頼らず、自然の力で心地よい風が流れる。それが、PAC住宅の「きれいな空気が流れる家」です。
(※写真は換気口を開け閉めするレバーです。)

02

外張り断熱で、家全体の空間を有効活用

PAC工法のもう一つの特徴が「外張り断熱」です。外張り断熱とは、柱の外側からすっぽりと住まい全体を断熱する施工方法。家全体が断熱材で覆われているので断熱性が高く、部屋の温度差が少なくなります。

外張り断熱工法なら、家全体の空間をフル活用できるので、理想の住まいを実現しやすくなるメリットもあり。

03

自由設計でとことん理想を叶える

昭栄創建の住まいは完全自由設計の注文住宅。お客様の理想の暮らしやライフスタイルをヒアリングし、ゼロから間取りやデザインをつくります。

今回のスキップフロア空間のような遊び心ある空間も、自由設計なら叶えやすくなります。とことんお客様の理想に寄り添い、実現できるようご提案いたします。

完成見学会
木の心地よさに包まれ、リビングにずっといたくなる家

初回相談で
Amazonギフト券3000円
をもらおう

こんなことで迷っても大丈夫!
気軽に相談してみて!

土地が見つからなくても大丈夫?

何から始めていいかわからないけど相談してもいいの?

1000万円台でも家は建つの?

A社とB社で迷っているのを相談したい

営業されないか心配...

忙しいあなたの
効率的に!
問題も解決!

無料で!

オンラインで!

お家にいながら
住まい・建築・
家づくり
の相談

■相談、登録して住宅会社から指名される
 新しいマッチングシステム

■プロ目線で比較・評判が分かる

■家さがしの時間を短縮

3215コンシェル