住まいの疑問を徹底調査!オール電化住宅って本当に省エネになるの?

安全で環境にやさしい家づくりとして2000年代から普及が進んでいるオール電化住宅。
ガスを使わずエネルギーを電気に一本化することで、省エネにもつながると言われていますが、
「その分電気代は高くなるのでは?」と疑問に感じる人も多いのでは?3215.jpがそんな疑問を調べてきました。

そもそもオール電化とは?

オール電化住宅とは、家庭内で用いる
全てのエネルギーを電気に統一した住宅のこと。
調理・給湯・冷暖房などの熱源を賄うために、
主に次のような設備が使われています。

IHクッキングヒーター

「IH」とは電磁誘導加熱(Induction Heating)の略。鍋自体を加熱するため、周辺の温度が上がらず、夏の調理も快適です。また、4人家族が朝・昼・晩の3食作っても、電気代は1,000円/月程度とお得。火災の心配が少なく安心・安全、キッチンの空気や壁などをクリーンで清潔に保てるなど、火を使わないIHクッキングヒーターならではの嬉しいメリットも豊富です。

エコキュート

空気の熱を集め、生活に必要な熱エネルギーに換えるヒートポンプ技術を活用した環境配慮型の給湯器。 夜間の安い電力で効率良くお湯を沸かすので電気代も1,700円/月程度とお得で,とても省エネ。そして火を使わないため安心、快適です。

ヒートポンプ式暖房

空気や地中の熱を利用して効率良く部屋を暖めるヒートポンプ暖房。
高効率エアコン、温水パネル暖房、温水床暖房、温水温風暖房の4タイプがあります。住まいやご家族、生活スタイルなどに合わせて自由に選べて、寒い福島の冬でも暖かく快適な住空間を叶えてくれます。

太陽光発電

家庭用太陽光発電などで発電した電気を自家消費することで、さらなる電気代の節約にも◎!
余った電気は電力会社に売電することもできます。最近では太陽光発電でつくられた電気を地域社会全体で上手に活用していくための新たなメニューや取り組みも進んでいます。

どんなメリットがあるの?

オール電化住宅のメリットとしては以下のポイントがあげられます。

メリット1

“快適”

安全で使いやすいIHクッキングヒーターや空気を汚さない冷暖房など、オール電化住宅はとっても快適!

メリット2

“安心”

火を使わないから小さい子どもがいても安心!エコキュートのタンク内の水を生活用水として使うことができる点や、電気の復旧はガスより早いことから非常時にも心強い存在です。

メリット3

“電気代が安い”

ガス・電気それぞれにかかる基本料金を電気に一本化できるので光熱費が節約できます。さらに、東北電力には夜間の電気料金が割安なオール電化向けの料金プランも多数用意されています。最適なプランを契約することで、節約効果は絶大!

おすすめのオール電化向け料金プラン

下の図はエアコンやエコキュートなどのヒートポンプ機器を、もっと上手に活用したいオール電化住宅にぴったりの料金プラン。
それぞれの季節のピーク時間帯に電気の使用を節約したり、タイマー機能などで電気料金が割安な夜間時間帯にまとめて電気を使用することでお得になるプランです。

オール電化以外でもライフスタイルに合わせたプランが充実

この他にも、東北電力には子育てファミリーや大家族など使用量が多い方向けのプラン『よりそう+ファミリーバリュー』や、「週末にまとめて家事や趣味の時間を持ちたい」方にぴったりなプラン『よりそう+ナイト&ホリデー』なども用意されています。ライフスタイルに合わせたプランを選ぶことで、省エネな暮らしが手に入れられるはずです。

たくさん電気を使う大家族にぴったり!

平日の日中は不在。夜間や休日にたくさん電気を使うご家庭にぴったり!

デメリットはあるの?

ここまで良いことばかりのような気がするオール電化住宅ですが、
逆にデメリットはないのでしょうか?調べてみるといくつかのマイナス面が見えてきました。

“昼間の電気代が高くなる”

オール電化向けの料金プランは夜間の電気代が安くなる半面、日中の電気代は割高に…。

現在、家電製品の多くにタイマー機能が付いているので、夜間の割安な時間帯に稼働させるなどの工夫で、
毎月の電気代を抑えることができます。

“初期費用がかかる”

ガスコンロやガス給湯器に比べて、IHクッキングヒーターやエコキュートは導入コストがかかるという声も…。

実は新築の場合は、導入コストにほとんど差はないのだそう。 リフォームや設備機器の入替えの場合は、200Vの配線工事などのプラスの導入コストが必要となりますが、
ランニングコストを抑えられるので、結果的には大きなメリットに繋がります。

“好みが分かれるIHクッキングヒーター”

火を使って料理をしたいという方にとっては、好みが分かれることがあります。

「中華鍋が使えない!」などと言われることもありますが、
強い火力を必要とする中華料理や油の温度を一定に保つ揚げ物はIHクッキングヒーターが得意とするところ。
換気扇を含め、キッチンが汚れにくく、まずは一度体感してみるのがおすすめです。

オール電化住宅を建てるなら
必ずおさえたいこと

ただし、オール電化住宅にすれば全ての住宅で電気代を抑えながら一年中快適な暮らしが叶うわけではありません!
その性能を100%発揮させるためには優れた住宅性能が不可欠だといいます。

オール電化住宅に求められる
の住宅性能

ポイント1

断熱

室内を常に快適な温度に保つためには優れた断熱性能も必須!高断熱の家は外からの熱がダイレクトに伝わらないため、室内の温度が外気温の影響を受けにくくなります。

ポイント2

気密

せっかく省エネ効果の高いオール電化住宅にしても気密性が低いと暖めた空気が室外へ逃げたり、冷たい空気が外から入ってきたりしてしまいます。

ポイント3

換気

住宅の中の空気は、家具、建材、人体などから発生する様々な物質や、生活の中で生じるほこりやチリなどで汚れています。これらの物質が人体に悪い影響を及ぼさないように、汚染物質や水蒸気を排除し、新鮮な空気を供給する24時間計画換気が求められます。

高断熱・高気密住宅とは?

家全体を断熱性能の高い断熱材や窓サッシで包み込み、気密化によって建物の隙間を少なくした住宅です。
快適な室内環境を保ちながら、暖冷房にかかるエネルギーも軽減できる高断熱・高気密住宅は、寒暖の差が激しい東北・新潟で快適生活を実現するために欠かせません。

高断熱・高気密住宅のメリット

断熱性能が低い家と比べると、熱の流入・流出を防ぎ、暖冷房にかかるエネルギーを大幅に削減し、省エネにつながります。
また、家全体の温度差が少なく、結露やカビ・ダニの発生を抑え、住宅そのものの寿命を延ばすことができます。

オール電化住宅を建てるのに
の工務店は?

つまりオール電化住宅を建てるときの最も大切なポイントは、
住宅性能を考えた家づくりができる施工会社を選ぶということ。
そこで3215.jpがおすすめしたいのが『e’House』福島ビルダーズです。

『e’House』とは?
福島県内で、高性能住宅を手掛け、オール電化住宅を基本に、「住まい方」や「趣味」に合った提案や、
地場工務店だからできる「デザイン性」や「オリジナル性」に優れた建築を可能にしてくれる住宅建築のプロ集団です。

福島県内の『e’House』はコチラ!

福島県内の『e’House』は下記のとおり。いずれもこだわりの家づくりを楽しめる3215.jpもおすすめできる工務店ばかり!
省エネで快適な暮らしを叶えてくれるオール電化住宅を建てたい方は、ぜひ頼ってみてはいかがでしょう。

吉成建築

〒963-0102 福島県郡山市安積町笹川字高石坊52-2

五十嵐工匠

〒965-0825 福島県会津若松市門田町大字黒岩字石高甲643-4

カンノ住研

〒960-2261 福島県福島市町庭坂字長林23-5

ワタショウ

〒963-7731 福島県田村郡三春町大字下舞木字石田250-1

折笠工務店

〒963-1247 福島県郡山市田村町下道渡字中ノ内14

LIVES

〒963-0534郡山市八山田二丁目114

工房夢蔵

〒963-8053 郡山市八山田西5丁目231番地

鈴木建築店

〒963-4433 福島県田村市船引町北鹿又字原58

鈴勝建設

〒971-8146 福島県いわき市鹿島町御代字赤坂16-6

藤田建設工業

〒963-6131 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字南町20

荒明工務店

〒965-0075 福島県会津若松市高野町中前田310

計画建設

〒965-0862 福島県会津若松市本町11番16

山岸建設

〒960-8164 福島県福島市八木田字並柳68-2

樋浦建築

〒965-0844 福島県会津若松市門田町一ノ堰村西580-8

田村産業

〒963-4317 福島県田村市船引町東部台1-8

目黒工務所

〒965-0830 福島県会津若松市西年貢2-4-16

五十嵐建築

〒965-0846 福島県会津若松市門田町大字飯寺字村東1001-55

青島建築

〒969-6519 福島県河沼郡会津坂下町大字御池田字御池302

紺野工務所

〒975-0006 福島県南相馬市原町区橋本町4丁目6-4

マルサ佐藤建設

〒963-4434 福島県田村市船引町門鹿字外ノ内177

マルヨシ工業

〒964-0973 福島県二本松市平石町266

楽縁

〒961-0102 福島県西白河郡中島村大字滑津字大池向南6-8

渡伝組

〒963-7711 福島県田村郡三春町桜ヶ丘3-1-3

熊田工務店

〒963-0534 福島県郡山市日和田町字大窪49番

遊佐建築

〒969-1301 福島県安達郡大玉村大山字高屋敷110-1

小室建設

〒969-0404 福島県岩瀬郡鏡石町中央80

BEAR’S
AMERICAN HOUSE
(有)熊耳丸久工務店

〒963-8815 福島県郡山市水門町163

斎藤建設

〒969-1741 福島県伊達郡国見町大字徳江字親郷25番地

建築中島

〒965-0024 福島県会津若松市白虎町110-4