2021.09.28

【2021年10月〜販売開始】センチュリーホームのコンセプトハウス「ちいさな家」<須賀川・大徳南>

Topics
知って得する
おしえて!お家づくり

「小さな土地でも上質な家を建てたい」「土地が狭い・変形している」「予算内でも高品質な家を建てたい」家づくりでこんなお悩みはありませんか?
このような土地やコストの問題を解決しながら、快適な暮らしを実現できるのが「ちいさな家」です。
「4人家族・4LDK・35坪」というこれまでの標準的な住宅の広さを見直し、20坪代でも開放的に暮らせるよう工夫を凝らした設計。今回はそんな現代の暮らしに合わせた、センチュリーホーム初のコンセプトハウス「ちいさな家」の魅力をたっぷりと紹介します。

そして、「ちいさな家」は2021年10月から郡山市冨田大徳南と須賀川市で土地分譲販売を開始。ぜひ、お早めにお問い合わせください。

【須賀川1区画・大徳南1区画】10月から「ちいさな家」の土地分譲販売開始

<物件情報>

①敷地面積 172.04㎡(52.04坪)
建築面積 47.20㎡(14.28坪)
床面積 1F…45.55㎡(13.78坪) 2F…42.25㎡(12.78坪)
延床面積 87.80㎡(26.57坪)

②敷地面積 150.91㎡(45.65坪)
建築面積 47.12㎡(14.26坪)
床面積 1F…43.89㎡(13.28坪) 2F…39.75㎡(12.03坪)
延床面積 83.64㎡(25.31坪)

<間取り図>

※間取りの変更も可能です。

20坪代でも上質な暮らしができる「ちいさな家」とは

「ちいさな家」は、これまでの家づくりを見直し、現代の暮らしに合わせて設計した20坪代の家です。「街に余白をつくり美しく ちいさな家で上質な暮らしを」という考えのもと、センチュリーホーム初のコンセプトハウスとして誕生しました。

今まで標準的な住まいの大きさとして「4人家族・4LDK・35坪」という考え方が、大手ハウスメーカーなどを中心に言われてきました。しかし、家族のカタチや家での過ごし方が多様化した現代でも、本当にこの大きさが適切なのでしょうか?

そんな思いからセンチュリーホームでは、LDKや子ども部屋の広さを見直し、現代の暮らしに合わせて再設計。無駄なスペースをカットした20坪代のちょうどいい家づくりを可能にしました。ただ小さくするのではなく、広く感じる設計工夫やディティールへのこだわりで、コンパクトでも暮らしやすさはばっちりです。

20坪代でも開放感たっぷり!「ちいさな家」の設計ポイント

コンパクトな土地でも広く感じられる工夫

20坪代でも開放的に感じられる「ちいさな家」は、センチュリーホームならではの設計工夫が施されています。
その中でも一番特徴的なのが、2階LDK。2階にLDKを置くことで光がたっぷりと入り、10帖ほどでも明るく開放的な空間になります。さらに、勾配天井や間仕切りをなるべく作らず、LDKを広い一体空間に感じられるようにしています。

また、一般的に子ども部屋は約6帖の部屋が2つと言われていますが、子どもが家を出ると使わなくなることがほとんど。「ちいさな家」の子ども部屋は6〜7帖ほどの一部屋にして坪数をカット。壁ではなく可動式の家具で仕切れるようにし、ライフスタイルの変化にすぐに対応できるのがポイントです。

経年美を味わえる、素材へのこだわり

コンパクトな家は目線が近くなり、細かい所まで目が行き届きます。「ちいさな家」では、経年劣化をする新建材はなるべく使わず、無垢の木など自然素材をたっぷりと使用。「経年美化」を楽しむことができます。自然素材の特性を熟知したセンチュリーホームならではのこだわりや、細部への気配りが「ちいさな家」の上質な暮らしを実現してくれます。

「余白」を楽しむ外観デザイン

「ちいさな家」のコンセプト「街に余白をつくり美しく」の「余白」とは、気持ちの安らぎや遊び心を意味します。緑豊かな庭を設け、お気に入りの植物を育てたり、子どもが遊ぶ姿を見守ったり…そんな「余白」を楽しめる設計も見どころです。

また、シンプルなデザインで街並みにとけこむ外観は、深い軒の出が陰影をつくり、奥行きを感じられます。

土地やコストの問題も解決

20坪代から建てられる「ちいさな家」は、小さな土地や変形した土地などにも対応。土地選びの選択肢もぐっと広がります。また、坪数を減らすことで、家づくりのコストを削減し、住宅ローンの返済負担も減らすことができます。その分、家づくりで素材にこだわったり、趣味を思いっきり楽しんだりすることも可能になります。

土地やコストの問題をどちらも解決できる「ちいさな家」は、まさに今の時代にぴったりの家ですね。

いよいよ販売開始!センチュリーホームのコンセプトハウス「ちいさな家」

これまでの家づくりを見直し、今の私たちに本当に必要なものを考えて誕生した「ちいさな家」。土地やコストの悩みを解決し、センチュリーホームならではのデザインや設計技術が詰まったコンセプトハウス「ちいさな家」は、見どころ満載!「ちいさくてもいい」ではなく「ちいさいがいい」を実感できる新しい家づくりのカタチです。

そんな「ちいさな家」が、10月から郡山市冨田大徳南と須賀川市で土地分譲販売を開始します。ぜひ、早めに問い合わせてくださいね!