2021.05.19

20坪代でも開放的で快適な暮らしを センチュリーホーム初のコンセプトハウス「ちいさな家」が販売開始

Topics
知って得する
おしえて!お家づくり

今まで注文住宅を手がけてきたセンチュリーホームが、初のコンセプトハウス「ちいさな家」を2021年夏に販売開始します。これまでの標準的な住宅の大きさを見直し、現代の暮らしに合わせて設計した「ちいさな家」。
「ちいさな土地でも上質な家を建てたい」「土地が狭い・変形しているなど土地の制限がある」「予算内でも高品質な家を建てたい」…こんなお悩みを抱えている方に必見のコンセプトハウスです。

今回はセンチュリーホームの小野塚さんに「ちいさな家」のコンセプトや、20坪代でも開放的で広さを感じる設計のポイントなど詳しくお聞きしました。

「ちいさいがいい」を叶える20坪代での家づくり「ちいさな家」とは

Q.「ちいさな家」はなぜ生まれたのでしょうか?

A.今まで標準的な住宅の大きさとして「4人家族・4LDK・35坪」という考えが大手ハウスメーカーなどを中心に言われてきました。しかし家族のカタチや家での過ごし方が多様化した現代において「この住宅の大きさは本当に適切なのか?」と私たちは思ったのです。
ちいさな家はこういった背景も踏まえ、「街に余白をつくり美しく ちいさな家で上質な暮らしを」というコンセプトのもと生まれました。

LDKや子ども部屋の広さを見直し、無駄なスペースをカットすることで20坪代の”ちょうどいい”家づくりを可能にしました。また、ただ小さくするのではなく、広く感じる設計工夫やディティールにこだわることで上質な暮らしを実現できるようにしています。
これまで20坪代での家づくりはマイナスなイメージもありました。しかし、今回のコンセプトハウスは「ちいさくてもいい」ではなく「ちいさいがいい」を実現させる、新しい家づくりのカタチとなります。

Q.「ちいさな家」はどんな人におすすめのコンセプトハウスですか?

A.土地がなくて困っている人、コストを抑えながら質の高い家づくりを望む人におすすめです。土地探しは家づくりで一番最初につまずくことですが、ちいさな家は20坪代から建てられるので、土地選びの選択肢も広がります。
また、坪数を減らすことで家づくりのコストも削減できます。ローンの返済負担が減るのはもちろん、浮いたお金でインテリアや素材をこだわることも可能です。家づくりで特に悩む「土地」や「コスト」をどちらも解決できる、まさに今の時代にぴったりのコンセプトハウスと言えるでしょう。

20坪代でも広く開放的な空間はつくれる 「ちいさな家」の設計工夫

Q.コンパクトな土地でも広く感じるための設計とは?

A.ちいさな家で一番特徴的なのはLDKが2階にあることです。2階をLDKにすることで光がたっぷり入り、10帖ほどでも明るく開放的な空間になります。また、勾配天井や間仕切りをなるべく設けず、LDKを広い一体空間に感じられるようにしています。
主寝室、子ども部屋、水回り類を1階にまとめてあるのもポイントです。1階は家族それぞれのプライベートの場、2階は家族団欒の場と分けて使えます。

Q.子ども部屋は一つの部屋を可動式家具で仕切っていますが何故ですか?

A.多くの人が「子ども部屋はこんな大きくなくてよかった」と後悔します。一般的に、子ども部屋は約6帖の部屋が2つと言われていますが、子どもが家を出ると使わなくなることがほとんど。子ども部屋を小さくするだけで、坪数はかなりカットされます。
ちいさな家の子ども部屋は6〜7帖ほどの一部屋を可動式の家具で仕切るスタイルです。子どもが家を出たあとは、家具を端に寄せて一部屋を自由に使えます。壁を壊すといった大掛かりな工事をしなくても、これなら家族の変化にすぐに対応できますよ。

Q.上質な暮らしにするために素材にもこだわっているそうですね

A.空間が狭いと目線が近くになり、細かいところまで目が行き届いてしまいます。ですので、経年劣化をする新建材はなるべく使わず、無垢材など自然素材をふんだんに使用しています。各自然素材の特性を熟知しているセンチュリーホームだからこそ、細かな部分まで気を配り、上質な暮らしを叶えます。

Q.外観や庭はどのようなデザインになるのでしょうか?

A.外観は街並みにもとけこむ、シンプルなデザインです。深い軒の出が陰影をつくり、奥行き感のあるファサードを生み出します。また、ちいさな家のコンセプト「街に余白を」の「余白」とは、気持ちの安らぎであり、遊び心を意味します。建物前面には植栽し、豊かな緑の中で子どもが遊ぶ…そんな豊かな暮らしができる家をイメージし設計されています。

「ちいさな家」販売開始 センチュリーホームならではのコンセプトハウスが完成です

今まで標準的と思っていた住まいの姿を見直し、現代の暮らしに合わせて生まれた「ちいさな家」。土地やコストの悩みを解決し、センチュリーホームのデザインや設計技術も詰め込んだコンセプトハウスです。

今回ご紹介したコンセプトハウス「ちいさな家」は2021年夏に販売開始予定です。3215.jpではセンチュリーホームの過去の施工事例も数多く紹介しているので、販売開始前にセンチュリーホームの家づくりをより深く知ってみては?

 

話を聞いた人:株式会社センチュリーホーム 課長 小野塚さん